忍者ブログ

曇った鏡

黒曜苑 更新履歴兼日記
2018
08,15

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013
11,05
私は毎年ハロウィンの時期になると南瓜タルトを作って友人やラボメンに振る舞うことにしています。
参考にしてるのはクックパッドのこちらのレシピ。オリジナルでは砂糖を使うところを、私は蜂蜜に置き換えてるだけです。
かなり濃厚な南瓜フィリングなんですが、シンプルなレシピだけに南瓜自体の味に全てがかかっているので、ほぼ南瓜の美味しいこの時期にしか作りません。
あと、南瓜を裏ごしするのが結構な重労働なので連休にしか作りません(笑)

さて、今年のタルトは歴代でもかなり美味しくできましたので、レシピ紹介させていただこうかなと思います。
 
今回使用した南瓜は坊ちゃんと呼ばれる手のひらサイズの小振りなやつです。
ホクホクしてて、甘みが強くて、茹でると皮まで美味しく食べられます。
あと、私は南瓜をおかずとして食べるのはあまり好きでないので、タルトだけで使い切れるのも良いですね。

また、普段はタルト生地も作るんですけど、今年はうつ病の関係で体力が続かないので市販の物を使ってます。
カルディで売ってた500円くらいのグラハムタルトを2枚。
……タルト生地って買うと高いんですね……。(´・ω・)
因みに私は普段オリジナルレシピの全粒粉の代わりにグラハム粉を使ってます。
分量も小麦粉:グラハム粉=2:3くらいにして、食感が楽しめるように調節してます。

<材料>
坊ちゃん南瓜 1個:種を除き、茹でて皮を荒削りして400 gくらい。
蜂蜜 約150 g:南瓜の甘みによって加減すること。
卵 2個:卵黄と卵白に分けておきます。
生クリーム 200 mL:動物性の方が美味しい。
コーンスターチ 大匙3杯
グラハムタルト 2枚

*オプショナルトッピング(なくても良い)
a.↑で出た荒削りの皮
b.南瓜の種などナッツ類
c.会津早生南瓜 1個:赤くてごつごつした南瓜。ねっとりとしたフルーツっぽい食感。

<作り方>
①茹でた南瓜を裏ごし。別にマッシュするだけでも良いと思うけど、裏ごしすると舌触りなめらかに仕上がります。
②①に蜂蜜、生クリーム、卵黄、コーンスターチを混ぜる。
③卵白をミキサーで泡立て、しっかりメレンゲをたてる。
④②と③を混ぜ合わせ、タルト生地に流し込む。この際トッピングをしても良い。
⑤190℃で表面がほんのちきつね色になるまで30分ほど焼く。

*オプショナルトッピングの使い方。上の写真の左側はa.とb.、右はc.をトッピングしてます。
a:タルトの底に敷き詰める。
b:フィリングを流し込んだ後に表面に散らす。
c:茹でたものをザク切りにし、ブランデー、蜂蜜、シナモンで煮たものをタルト周上に敷き詰める。
PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
年齢:
32
HP:
性別:
女性
誕生日:
1985/08/16
職業:
大学院生
趣味:
絵描き、漫画・ゲーム
自己紹介:
今春から大学院生&ペーパー薬剤師。
水滸伝との出会いの書は陳瞬臣・手塚修監修の漫画『中国の歴史』。初恋の人は林冲ですが何か。
山田章博と田中芳樹とKOKIAが大好きです。
『幻想水滸伝』も大好きだけど水滸ネタが尽きてきたならいい加減名前だけ使うのやめて欲しいぞ。(´・ω・`)
ブログ内検索
twitter
pixiv

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]