忍者ブログ

曇った鏡

黒曜苑 更新履歴兼日記
2018
08,15

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013
09,10
本屋で立ち読みしたロシア料理の本に載ってたレシピを参考に、プロフ(ロシア風ピラフ)作ってみましたよ。

完成品がこちら。

我ながらなかなか美味しくできたので、作り方を紹介させていただこうかなーと。

≪材料≫
・米 1合
・水 2カップ
・ラム肉 or 牛肉 適当
・玉葱 1個
 
・ズッキーニ 1本
・ピーマン or パプリカ 1個
 
・レーズン 一掴み
・クレイジーソルト 少々
・大蒜 1欠片 or チューブで指1関節分
・醤油 大匙1
・胡麻油 大匙3
・ミニトマト 5~6個
 
≪合成方法≫
1)材料の用意。米は洗っておく。玉葱は櫛切り、その他の野菜は賽子大に切る。肉も1口サイズに切っておく。レーズンは半分に切る。大蒜はチューブでない場合、みじん切りに。
2)フライパンに胡麻油をしく。油が熱くなってきたらフライパンを傾けて肉、玉葱、大蒜を揚げ焼きにする。
3)調味料とその他の野菜を投入し、炒める。
4)野菜に火が通ったら米と水をまんべんなくしき、蓋をして炊く。炊き加減は味見しつつ調節。
5)米が炊きあがったら蓋を取ってレーズンを投入。レーズンを軽く炒めながら米の水分も飛ばし、お焦げを作る。
6)皿に盛りつけ、ザク切りにしたミニトマトをトッピング。油っこい料理なのでトマトの酸味でさっぱりします。
PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
年齢:
32
HP:
性別:
女性
誕生日:
1985/08/16
職業:
大学院生
趣味:
絵描き、漫画・ゲーム
自己紹介:
今春から大学院生&ペーパー薬剤師。
水滸伝との出会いの書は陳瞬臣・手塚修監修の漫画『中国の歴史』。初恋の人は林冲ですが何か。
山田章博と田中芳樹とKOKIAが大好きです。
『幻想水滸伝』も大好きだけど水滸ネタが尽きてきたならいい加減名前だけ使うのやめて欲しいぞ。(´・ω・`)
ブログ内検索
twitter
pixiv

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]