忍者ブログ

曇った鏡

黒曜苑 更新履歴兼日記
2018
10,18

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
06,15
今日は『月の蛇』&と『AKABOSHI』のネタバレ&感想をお送りします。
ネタバレ嫌な人は見ちゃダメよん。

そしていい加減察しがついてると思いますが私はアンチ『AKABOSHI』です。『月の蛇』は割と好き。
ご覧になる方はそこんとこ踏まえてどうぞ。

《月の蛇感想》

今回の舞台は江州。
しょっぱなから穆春が誰そからショバ代巻き上げてます。外見も如何にも小物っぽい。穆春は何処に行っても穆春だなぁw
蛇矛の男が江州に来たという報告を受け慌てふためく穆春。ホント、穆春は何処に行っても穆春だなぁ……。orz
そこに薛っちゃん登場。ポーカーフェイスのなかなかシブくて格好良い兄ちゃんだ。曰く「蛇矛の男は私に任せてもらえないか」とのこと。

場面変わって飛虎ご一行。宿で飯タイム。
飛虎、ご主君をからかったりして怒らせてしまった。プンスカしながら出ていくご主君。青慈が後を追って宥めるが、その隙に飛虎はどっか行ってしまった。

さて飛虎。
散歩中に橋の袂で大道芸をやってる武芸者を発見、見物。
武芸者、突然飛虎に刃を向けてきた。武芸者の正体は勿論薛永。
どうやら彼、前回やっつけられた李忠の親友らしく、仇討のために飛虎の刺客を引き受けた模様。

詳細は省きますが薛永とのバトルは良く描きこまれていて読んでて楽しいです。
やっぱね、バトル漫画は双方の動きをちゃんと書かないとダメだよね!
(↑どの漫画に対する当て付けかは察して下さい)
なお、薛っちゃんも李忠同様分析型で、尚且つスピード型って感じ。

結局薛永はやられてしまうのだが、二人の勝負を外野でわいのわいの囲んでた穆春、薛永が負けたのを見てまさかの逃亡。(笑
ホント穆春、お前って奴は……。orz

そこへ追い付いてきたご主君様&青慈。
「勝手なことをしてくれたせいで私の計画が台無しだ。奴が出てくるぞ」

奴というのは穆弘。デカくてゴツくて怖い。弟と違って貫禄があります。まさにヤクザの親分様って感じ。
薛永がやられたことを報告する穆春に、「お前は仲間がやられたってのに逃げ出して来たのか!」と叱り&殴り飛ばしてます。
さっすが親分!そして穆春ざまぁw

兎も角も手下を引き連れて仕返しに出向くことになった穆兄弟。そこに兄弟の首を狙う賞金稼ぎ登場。

場面変わってご主君様&飛虎。
「江州は物資が集まる場所で、梁山泊の支部が多く集まっている場所。それを束ねているのが『没遮欄』穆弘」

再び穆弘サイド。穆弘の大鉈の前に賞金首が次々にのされていく。
ご主君サイドに戻り、
「つまり、遮るものなしということだ」
それを聞いた飛虎、ニヤリと笑って「面白そうじゃねーか」

待て、次回!

うん。
ちょっと展開が早すぎる気もするけど、相変わらず梁山泊メンバーの特徴をよく捉えてるよね。
たった一話でやられちゃったけど、薛っちゃんが格好良かったのが何か嬉しかったな。
で、ご主君様の正体マダー?(・∀・)


《AKABOSHI感想》

……その前に前回の粗筋。

冒頭で王進、誰かに命を狙われてるっぽいが派手に返り討ち。嶺うち?
戴宗&翠蓮、何故か占い師に化けて王進(+林冲)に話しかける。
が、すぐに自ら正体バラして「仲間になれこの野郎」。
王進拒否。「辞退する代わりに見逃してやる」
王進にスルーされてやさぐれる戴宗。どうやって行きあったのか忘れたけど林冲と遭遇。
林冲、冒頭で王進が伸してた暴漢を抹殺中w 王進の指示ではなく彼の独断らしい。
林冲「今度はあなたがこうなる番です」
ってことで脈略もなくバトル突入。戴宗が林冲の髪をまとめてた紐を切ったところで終了。

さて今回。いきなり林冲の過去回想シーン。
林冲は親に売られあと山賊の親玉に拾われたが、囮として見捨てられた。そこを王進が保護。
二度も庇護者から裏切られて人間不信に陥っていた子林冲、王進に斬り付ける。
王進「お前が付けた傷などどこにもない!」と自ら傷を広げる。
「お前のような獣を生んだのもこの国だ」とか何とか。この辺忘れた。
落ち着いた林冲に対し、「獣が人になった。人には名前を聞こう」と言ってボサボサだった林冲の髪を結ってやる。

回想終了。戴宗とのバトルに戻ります。

王進、何故か翠蓮の傍に立ち、「林冲が押されるとはな」と見物モード。
いやいや呑気に見てんなよアンタw
ってか林冲が自分が見逃した相手を勝手に抹殺してた件については知ってたんのかなこの人?
知らなかったら知らなかったで相当のバカだと思うんだけど。(派手に暴れているので)
林冲も林冲だ。王進のためとはいえ、折角王進が見逃した連中を抹殺したら余計に恨み買って王進の立場が悪くなるだけだろうに。

林冲曰く「王進様のために働くことで自分は人でいられる」とのこと。
「健気だねぇ」と揶揄する戴宗。「だが俺にも野望がある」
どうやら戴宗は戴宗でやっつけたい人間が約1名いるらしいが……。
戴宗の敵って誰だろ。原作だと戴宗って蔡九んとこでパシリやってたし、蔡京かな?

そんなこんなでバトル中で待て次回。


うん。

まず、林冲をDQN呼ばわりしたのはちょっと言い過ぎだったかも知んない。
王進に依存しっぱなしの自立できてないお子様ってのは頂けんが。
そういう青臭ーいキャラは燕青とか史進とかで良いと思うんだ……。orz

という訳でどっちみちAKABOSHI林冲はどう頑張っても好きになれる気がしない。

それといい加減このバトル描写の見にくさを何とかしてくれ。
お前ら一体どういう動きをしてんのか読んでてサッパリ分からん。
PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
年齢:
33
HP:
性別:
女性
誕生日:
1985/08/16
職業:
大学院生
趣味:
絵描き、漫画・ゲーム
自己紹介:
今春から大学院生&ペーパー薬剤師。
水滸伝との出会いの書は陳瞬臣・手塚修監修の漫画『中国の歴史』。初恋の人は林冲ですが何か。
山田章博と田中芳樹とKOKIAが大好きです。
『幻想水滸伝』も大好きだけど水滸ネタが尽きてきたならいい加減名前だけ使うのやめて欲しいぞ。(´・ω・`)
ブログ内検索
twitter
pixiv

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]