忍者ブログ

曇った鏡

黒曜苑 更新履歴兼日記
2018
09,26

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
12,27

皆さん。

め、めりーくりすま……す……?(´ー`;)

もう終わりましたね。そうですよね。

ともあれ無事定期試験が終わり、ようやく一息ついたところです。
と言っても来月にはCBTがあるんでそうそうゆっくりもしてらんないんですケドねー……。orz
実際試験終わった次の日からもうCBT対策講座が開かれてます。油断するなってことですね、わかります。

あ、それとOSCEですが、無事合格しました。

当然だ。(『幻水Ⅳ』エレノア風に)

あと、年賀状ですね。クリスマスカードは無理でしたけど、こっちはちゃんと描いてますから!
虎はエピソードや渾名持ってる人がいっぱいおりますが、誰になるかはお楽しみ。


≪『月の蛇』ネタバレ感想≫


来月くらいまで心の余裕がなさそうなので簡易版で済まさせて頂きますねん。

飛虎VS.李俊。
童兄弟の匕首にはしびれ薬が塗ってあったらしく、フラフラしている飛虎。
李俊は無二の相棒であった穆弘を奪われた恨みを吐きながら鈎爪で飛虎をなぶり殺そうとする。
しかし、李俊の口から翠華らのもとにも資格が放たれていることを聞き発奮。
李俊をぶっとばし、翠華らのもとへ。

さて、翠華らが泊まっている宿へは張兄弟が向かっている。
到着し張兄弟は宿の中に押し入るも、中はもぬけのから。いぶかしんでいると、今度は外から悲鳴が。
慌てて外へ出てみると、連れて来ていた子分たちが皆殺しにされていた。
ただ一人、息のある子分に張横が駆け寄る。
しかし、その子分は張横の胸を匕首で深々と刺し貫いていた。
彼の正体は青慈であった。


感想。

え、あの、李俊さん。
まさかもう退場とか言う……?(´ー`;)

あんだけ期待させといてちょっと早すぎやしませんかと思いつつ、自称しちゃうくらいの頭脳派なら武力はこんなもんなのかと。うーん。
とか言いながら青慈に見破られちゃう程度の頭脳派っていうのも微妙っちゃ微妙だけど、脳筋ではないという意味での頭脳派ならこんなもんなのかと。うーん。

微妙にモニョっとしつつ、次回の青慈の活躍に期待。

それにしても青慈君。君は一体何者なんだね。
本当にただの翠華さんの従者かい?
彼の出来杉君ぶりは燕青を彷彿とさせます。名前も雰囲気もとても「燕青」っぽい。
別人だとしたら『月の蛇』における燕青がどう描かれるのかも気になります。
そこでまさかの花英的チャラ男になったらウケるけど……w
PR
trackback
この記事のトラックバックURL:

カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
年齢:
33
HP:
性別:
女性
誕生日:
1985/08/16
職業:
大学院生
趣味:
絵描き、漫画・ゲーム
自己紹介:
今春から大学院生&ペーパー薬剤師。
水滸伝との出会いの書は陳瞬臣・手塚修監修の漫画『中国の歴史』。初恋の人は林冲ですが何か。
山田章博と田中芳樹とKOKIAが大好きです。
『幻想水滸伝』も大好きだけど水滸ネタが尽きてきたならいい加減名前だけ使うのやめて欲しいぞ。(´・ω・`)
ブログ内検索
twitter
pixiv

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]