忍者ブログ

曇った鏡

黒曜苑 更新履歴兼日記
2018
06,24

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010
12,20
みんなー!
水滸伝カレンダー「すいこよみ」がついに完成したよ!
是非是非DLして下されー。

因みに私は11月担当。
地味とか言うな!地味とか言うなぁぁぁぁあああああ!(泣



それはそうと先週風邪をひきました。咳が酷くて辛いやつです。

朝から鼻水・鼻閉。でもたかが鼻水とうっかり油断してたらその夜に頭痛と微熱が出て、葛根湯飲んだものの若干手遅れだったらしく夜中には咳き込んで眠れぬ夜を過ごすハメに。
何か進行が急激じゃなーい?罠にでもかかった気分。
その後は麻黄湯飲んで軽快したものの、咳だけはしつこく残って、結局1週間近く寝る前の咳止めが欠かせない日々が続きました。
いやぁ、参った参った。

よくよく周りの話を聞いてみると他にも同じ症状の人が結構いました。
先日薬局実習先の先生とお会いした時にも話したんですが、どうやら今年の風邪の特徴は「咳」みたいですね。
あと、普段病気しない人(私含む)でも結構罹患率が高い模様。

という訳で皆さんも風邪にはくれぐれもご注意を。



☆不養生な薬剤師の卵によるワンポイントアドバイス☆

咳で眠れない方は咳止めを寝る直前に飲むべし。
咳は夜中~明け方にかけてが一番出やすいので。

水分補給をこまめに。特に鼻水の薬飲んでると副作用で喉が渇きます。
スポーツドリンクは所詮ジュースなので水分補給するには濃すぎます。半分くらいに薄めて飲むか、薬局で「OS-1」という水分補給専用の補液が売ってるのでそれを飲むと良いです。薄いポカリことイオンウォーターも個人的にはお勧め。

葛根湯は「風邪っぽい」時に飲むものであって、「誰がどう見ても風邪!」って時にはもう手遅れです。
そういうときには麻黄湯が良いです。
ただ、麻黄湯は割と体力のある人向けのお薬なので、お年寄りや虚弱体質の人には向かないので桂枝湯か補中益気湯あたりが良いです。
自分で判断できない時は漢方に詳しい医師か薬剤師に訊いて下さい。漢方は人によって勉強してたりしてなかったりが激しい分野なので詳しくない人の見立ては宛になりません
私?勉強中ですw(^^)

今回の風邪は咳が特徴的なので熱が無ければ小青竜湯あたりも効くんじゃないかな。熱さえ出なければ自分で試してみたかったのに……くそぅ。
PR
trackback
この記事のトラックバックURL:

カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
年齢:
32
HP:
性別:
女性
誕生日:
1985/08/16
職業:
大学院生
趣味:
絵描き、漫画・ゲーム
自己紹介:
今春から大学院生&ペーパー薬剤師。
水滸伝との出会いの書は陳瞬臣・手塚修監修の漫画『中国の歴史』。初恋の人は林冲ですが何か。
山田章博と田中芳樹とKOKIAが大好きです。
『幻想水滸伝』も大好きだけど水滸ネタが尽きてきたならいい加減名前だけ使うのやめて欲しいぞ。(´・ω・`)
ブログ内検索
twitter
pixiv

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]