忍者ブログ

曇った鏡

黒曜苑 更新履歴兼日記
2020
02,23

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011
06,05
本日ついに電話とインターネット環境が整いました!(゚∀゚)
と言うわけで自宅PCからの書き込んでおります。
いやーここまで来るのに長かった。(笑)

……ところで、ここからちょっと重い話になります。


PR
2011
05,21
 お久しぶりです。

3月末に5年間暮らした寮を出て、そう遠くないところにある一軒家に引っ越しました。
弟と二人暮らしです。

・・・・・・何故か弟と私を夫婦と勘違いする人がやたら多い件について・・・・・・。orz
そんなに似てないのか?
それとも姉弟で同居ってそんなに珍しいケースなのかな・・・・・・。

まあそれは置いておくとして。
引っ越しから2ヶ月が経つというのに未だに新居にインターネット環境が整ってません。
おかげで何かいろんなモチベーションが上がらないんだけどどうしてくれようか。

一応、3月の頭に4月はじめに工事を頼んではいたのですよ。
でもそこにあの地震が来て、その影響で遅れが出ると言われてしまった。
まあそれは良い。そこまでは良いんだよ。仕方ない。
5月になってようやく業者から連絡が来たと思ったら

お宅ンとこ、何かうちではムリみたいだわーw サーセンww

・・・・・・だとぅ・・・・・・?(^ω^#)

地震もあったし遅れるのは仕方ないとしてもさ、そもそも工事が出来るかどうかなんてもうちょっと早くに調べられなかったんだろうか・・・・・・。
仕方ないので別の業者に頼みました。
やっぱり一人暮らしの人優先で一戸建ては後回し・・・・・・とかで遅れたりもしたけど、今度は6月頭に固定電話とインターネット環境整備の工事の予定が入りました。
やったね!

私はスマホや大学インターネット使えるけど、弟は近所のネカフェに行かないとダメなので色々と不便をしていたようでしたが、これで解消されると良いなぁ。
2011
03,15
15日。仕事中のはずの母から電話がかかってきた。

「β線が検出された。風に乗ってきてるみたい。
 今どこにいるの?駅?ビルの中にいなさい。
 うちの会社の者にはマスク配って二重にして付けてる。」

ごめんなさいお母さん。
直ぐにマスク買って付けて寮に帰りました。

寮に帰ってテレビつけてみると、放射線が待ってるという報道が。

と言う訳で放射性物質から身を守るマニュアルを作ってみたよー!
(寮用に作ったものの流用です。)



放射性物質から身を守る方法
 
 
放射性物質はホコリに乗って風に飛んでいます。放射線から身を守るにはホコリを吸わない、持ちこまない努力が必要です。
体の外に着いた放射性物質は洗い落せば特に影響はありません。しかし、放射性物質を吸い込んでしまうと体の内側から放射線に侵される「内部被ばく」という状態になります。内部被ばくすると治療は難しいので吸わない努力は最重要課題です。
やり方としては花粉症対策をイメージすると良いでしょう。
 
基本的なこと
● とにかく外出を控える
● 外出する際はハンカチやタオル等で鼻と口を覆う、マスクを二重に付けるなどしてホコリを吸わないようにする。湿っているとホコリを食い止めやすいのでより有効です。
● 外から帰ってきたときはホコリを良く払う。洗い流す。ホコリの着いたものを部屋に持ち込んでは結局自分が被ばくするだけです。
● 窓を開けない。
● キッチンや風呂、トイレなどの換気扇を付けない。
● 洗濯物は屋外に干さず、部屋干しにする。
● むきだしの食品(野菜・果物類)や食器などを買ってきた場合はよく洗ってから使う。
 
外出時の注意点
● マスクを付ける。使い捨てが望ましい。
なるべく露出の少ない服装にする。
● 帰ってきたときは、
①まず外でホコリを良く払う。
②ホコリが付いていると思われるコート類はビニール袋に入れるなどしてホコリが舞わないようにする。本当はロビーに脱ぎ捨てていくのが一番良いのですが、寮では難しいのでなるべく寝床などから遠いところに置いて下さい。
③シャワーを浴びるなどして髪の毛や顔に着いたホコリを良く洗い流す。
● 雨が降っているときはレインコート+傘。雨の中にはホコリが含まれているので水ハネの多い傘だけでは不十分です。
● なるべくビルの中や地下道を通るようなルートを選ぶ。

2011
03,15

«地震»

取り敢えず、私は元気です。
東京なんでそれなりに大揺れだったんですが、交通機関麻痺しただけで平穏無事。私の周辺では建物倒壊とかもなっしんぐ。
日本の建物は優秀だね。

その瞬間は大学の機器室にいました。
実験に使う酵素を測定器にかけようとした時に、グラッ。
最初立ちくらみかと思いました。
一緒にいた先輩と路廊下に出たら研究室からもわらわらと人が出てきた。
私の研究室は9階にあるんで揺れも大きく(高層ビルは地震に合わせて自ら揺れる)、揺れてる間皆ゲージの中のラットの如く身を寄せあってキャーキャー言ってました。

実際怖かったですよ。
何てったってうちの研究室は合成系なので危険な薬品ばかりなんだもの。
脱水トルエンとか落っこちて割れたら炎上するし。窒素ボンベも破裂したら窒息するし。水素ボンベはなら爆発するだろうし。

揺れが収まってからすぐに被害確認したところ、その手の被害は特に無くて取り敢えず安心。
被害確認が済んだら我が大学の小さなキャンパスの小さな駐車場に一斉避難。
友人を見つけては互いの無事を確認しあい、ふと上を見上げると……

ユッサユッサと揺れる研究室棟(11階建て)。

一同蒼白。潮が引くように後ずさるも背後にはガラス張りのビル。
まさに前門の虎後門の狼状態の学生達に、我が研究室のT先生の檄が飛んだ。

「大丈夫!構造からいってこっち側に倒れてくることは絶対に、ない!」

T姐さん、あんたマジ惚れるよ。
因みにT先生は地震直後、被害確認の指示等をばしばし飛ばしてました。
先生たちが理系で本当に良かった。
……でもガラス張りの建物とかもう大っ嫌いだ。(TT)

揺れが落ち着いてしばらくしてから屋内に入る。大学で備蓄していたクラッカーと缶のお水をもらった。
交通機関は全てストップしているので歩いて帰れる人だけ帰宅。
帰れない人達――帰宅難民は大学の体育館にお泊り。

私が住んでいる寮は歩いて帰れる距離だったので寮生でまとまって帰りました。
帰り道見た感じ、建物崩壊とかもないので一見本当に自信があったのかどうかわからない感じでしたが、寮の部屋に入ると部屋の中が大参事、と言う人も多数。
やっぱり地震は起きてたんだ。
帰りにお弁当を買って皆で寄り添って食べて、そのあとは緊張から解放されたせいかすぐに眠くなって寝てしまいました。
と言っても眠りは浅くて、余震のたびに起きてたけどね。

そんな感じ。
今は平穏無事です。

……放射性物質舞ってるけど。orz
2011
02,28
天啓が下りました。
説明しよう!
管理人・嵐斗は稀に映画のワンシーンのようなストーリー仕立ての無駄にハイクオリティな夢を見ることがある!
その夢によるインスピレーションの到来を「天啓」と呼ぶのだっ!
 
……と言う訳で、水滸伝の夢を見ました。
といっても『星降る』とは微妙ぅーに違ってて、起きた時こういう水滸伝も良いなあと思ったのでちょっとご紹介します。
と言っても夢なので細かいところは大分記憶が飛んじゃってますけども。



時は梁山泊の勢力が朝廷が無視できない規模に育った頃。
主人公は朝廷の官吏である。しかし、梁山泊と敵対しているわけではない。寧ろ微妙な共闘関係にある。

かねてより心ある将や臣は生きづらい時代、遼や金などとの外交問題を抱えているにもかかわらず、ともすれば良い人材こそ真っ先に潰されてしまいかねない。
そこで主人公の陣営の上司(多分宿大尉あたりだと思われる)は潰されそうなった者たちを敢えて野に放つことで保護しようと考えた。
そこで白羽の矢が立ったのが梁山泊である。
謂われなき罪を負わされた者、悪臣に睨まれ身動きが取れなくなった者らを敢えて軽い罪に落すなどして積極的に梁山泊に入るように仕向けたのだ。そうして梁山泊に蓄えられた人材を危急の際の切り札にしようとした。

ただ、この作戦には一つの問題がったる。
初代梁山泊塞主・晁蓋は純粋な侠の人である。あくまで官軍との対決姿勢を崩そうとしないであろうし、王倫程ではないが勢力拡大についてもそれほど積極的でもない。協力体制を取るのは難しいだろう。
ここで目を付けられたのが宋江である。彼はかねてより忠義を旨とし、人材吸収に積極的である。
主人公の陣営は宋江とコンタクトを取り、計画を実行に移した。

そう、招安は初めから仕組まれていたのである。



……って感じ。
起きた時、「宋江やるじゃん」と思いました。
多分この宋江は入山した時から主人公陣営だったんだろうな。
だとしたら晁蓋暗殺も仕組まれていたことだったんだろうな。

うわぁ黒い。

是非はともあれ水滸伝の大きな謎の一つである、宋江の意固地なまでの招安への意欲についてはこれで説明が付く気がするんですけど、どうでしょう?

しかしこれ、一体どこから降って湧いた構想なんでしょう。
私が今までに読んだ水滸伝関連書籍にはこんなシナリオなかった気がするんだけどなぁ……?
ネタバレ(反転):一応『星降る』の宋江と宿元景も何となーくはこんなこと考えているんですけど、ここまでアグレッシブじゃないぞ。(^^;

ズバリこんな感じの水滸伝知ってるぜ!って方いましたら、すっごい読んで見たいので是非とも教えて下さい。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]


« 前のページ:: 次のページ »
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
年齢:
34
HP:
性別:
女性
誕生日:
1985/08/16
職業:
大学院生
趣味:
絵描き、漫画・ゲーム
自己紹介:
今春から大学院生&ペーパー薬剤師。
水滸伝との出会いの書は陳瞬臣・手塚修監修の漫画『中国の歴史』。初恋の人は林冲ですが何か。
山田章博と田中芳樹とKOKIAが大好きです。
『幻想水滸伝』も大好きだけど水滸ネタが尽きてきたならいい加減名前だけ使うのやめて欲しいぞ。(´・ω・`)
ブログ内検索
twitter
pixiv

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]